土地売却にかかる仲介手数料

不動産会社を通して不動産売却を行う場合は、手数料として仲介手数料を支払わなければいけません。 - 土地売却にかかる仲介手数料

新着情報

◆2016/10/12
土地売却にかかる仲介手数料の情報を更新しました。
◆2016/10/12
仲介手数料の両手に気をつけての情報を更新しました。
◆2016/10/12
仲介手数料の支払いについての情報を更新しました。
◆2016/10/12
仲介手数料無料の仕組みについての情報を更新しました。
◆2016/10/07
基本情報を新規投稿しました。

土地売却にかかる仲介手数料

不動産の売買をする際に、土地を売却したりする際はもちろんですが査定をしてもらう際などにスムーズに話しを進めるためには不動産会社などに仲介を依頼するのが普通ですね。
そして、その不動産会社に仲介をお願いする場合はその際に仲介手数料がかかってしまうんです。
今回は、そんな不動産会社への手数料について紹介しましょう。

仲介手数料とは何か

tjytd
仲介手数料とはそもそも何か、という話なのですが仲介手数料は文字通り不動産の売却の際に売買や賃貸をする際に不動産会社が買主を見つけるために営業をしたりすることで発生する成功報酬のことを言います。
つまり、不動産売却をする際に元の持ち主としては売却というのは不動産会社に売るのではなく、買いたいと言う人に売らなくてはいけないんですね。
しかし、当然そのためには売り主にとっては自分の売りたい不動産を買ってくれると言う人が現れなければ売る事はできないわけです。
そこで、その買いたいと言う希望者が現れるように宣伝をしたり、買主が現れた時も金額査定などをしたりする際の仲介をしてくれると言う役割があるんですね。
ただし、この仲介手数料と言うのは先ほども説明したとおり成功報酬の扱いになりますので、買主が現れなかった場合は仲介手数料は一切かかりません。
なので、買主が現れず別の不動産会社に依頼をし直そうと言う時は、費用などは一切かかりません。
契約無効や取り消しになった際にも、支払いの必要がなくなっていますので安心して任せる事が出来るんですね。
あくまで、仲介手数料と言うのは不動産の売却が成立した際のみにかかるものなので、結果が出せなかった不動産会社に仲介手数料を支払う必要はありません。

仲介手数料は幾らかかるのか

thrshtr
仲介手数料は、基本的に法律で上限が設定されていますのである一定額より上がる事はありません。
しかし、その上限額を越えない額であれば不動産会社が自由に値段を設定する事ができますので、不動産会社によって上限よりも安いというところがあります。
大体の不動産会社は上限いっぱいに設定しているところばかりなのですが、中には価格競争をして顧客を得るために仲介手数料を減額にしたり、0にしたりするというような不動産会社も結構あるんですね。
具体的に幾らくらいかかるのか、ということですが不動産売買の額に関係してきます。
200万円以下の売買価格で5.4%以内、200万円以上400万円以下の場合が4.32%以内、そして400万円を越える額の場合は3.24%以内と言うふうに定められているんですね。
この仲介手数料で定められている金額には、消費税を含んでいますので注意しておきましょう。
そして、不動産では仲介手数料を表示する際に税込みでの総額表示をしなくてはいけないようになっているんですね。
その仲介手数料は売買物件の税抜価格を元に計算するようになっていますので、仲介手数料を払いすぎてしまわないように気をつけるといいでしょう。

不動産仲介手数料で会社を選ぶ

不動産会社、というのはたくさんありますので不動産を売却する際には当然買主を見つけてくれる不動産会社を選ぶのが良いのですが、そんな事は判断出来る事ではありませんからね。
だから、とりあえずは仲介手数料が安いところを選んで見る、というのも一つの手段なんですね。
実際、仲介手数料によって利益も割りと左右しますから、まずは節約できるところをするというのも賢い手の一つです。

不動産仲介手数料で会社を選ぶ

名古屋で土地の売却をお考えの方へ
土地売却査定君[http://www.bellecora.com/]に相談してみましょう!

Copyright(C)2016 土地売却にかかる仲介手数料 All Rights Reserved.